ハリハリミチル

ハリハリミチルはコスメでの小じわケアとなりますが、もっとハッキリと効果が期待できる方法もあります。

目元や口元の小じわが日ごろのケアだけではなかなか改善しないので、もう少し早く治したい場合には注射を打つのも選択肢の1つにあります。

しかし小じわを消すための注射とは、いったいどんなものを注入するのでしょうか。
美容外科で主に使われる注射治療法について、情報をまとめてみました。

小じわ治療の代表的な注射療法といえば、ボトックス注射とヒアルロン酸注射です。
どちらも美容外科クリニックで、メインで行われており、いずれも比較的即効性があるとして希望する人が後をたちません。

でも両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質で、元々は筋肉の緊張にたいしてリラックスさせる目的で使用されていました。

そのはたらきが注目され1970年代には眼科や神経科などで、顔面チックや外斜視など筋肉のけいれんが原因の病気治療で用いられたようです。

治療の効果に着目した研究員は、それを美容外科にも活かせないかと考え、その10年くらい後に顔のしわ予防にも一定の効果が現れた実験で認められました。

また安全性も確認され、2002年には先進各国でも続々と認可され、現在は約70か国で施術されるポピュラーな療法になったのです。

効果が高いのは目じりにできた小じわの他、眉間や額の縦じわなどで、筋肉の収縮抑制効果を利用してしわを予防します。

またタンパク質も注入するので、肌にハリが出てくるという相乗効果も見られました。

一方ヒアルロン酸注射とは文字通り、しわの気になる箇所にヒアルロン酸を注入します。
ヒアルロン酸は細胞間に存在する糖質の一種で、ねばねばした性質から水分や油分を保つはたらきがあります。
もともと肌の中に備わっていますが、加齢とともに生産量が減ってしまい、年齢肌の原因にもなります。

そんなヒアルロン酸を補給することで、失った肌の潤いを呼び戻し、保水力も高めるでしょう。
国内の美容外科では、現在最も広く行われている施術で、術後の副作用も少ないことから信頼性が置かれています。
ボトックス注射が小じわ予防の目的という意味合いが強いため、軽度のしわに限定されてしまいます。
深くできてしまったしわにたいしては、このヒアルロン酸注射が勧められるケースが多いです。

小じわを消すために比較的即効性が高いのが、注射による療法です。

タンパク質を入れるボトックス、保湿成分を補給するヒアルロン酸注射は、いずれも安全性が保障され広く行われています。

ハリハリミチルでは実感出来なかった方は、別の選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

ハリハリミチルはお得なキャンペーン中