ハリハリミチル

ハリハリミチルを効果的に使うために知っておきたい小じわの発生原因についてのコンテンツです。

笑ったときにふと目元や口元に現れる小じわ、気になりますよね。年齢とともに出てくるとはいえ、やはり顔の印象を大きく決定づけるのであきらめきれません。小じわが発生する原因と対処のポイントについて、3つの要因を挙げて一つずつ解説していきましょう。

小じわが発生する主な原因は乾燥、スキンケアのやり方、そして日常生活です。

1番の原因はやはり、肌の乾燥です。

肌が乾燥すると表面の角質層がどんどんはがれていきますが、その過程で必要な水分や油分も失われます。すると細胞間に隙間ができ、表皮に溝を作ってしまいますがこれが小じわの原因になります。

また人間の肌のうち最も薄いのが顔の皮膚で、その中でもさらに薄い目元や、常に動きのある口元などは最も乾燥の影響を受けやすいです。そのため細胞間のすき間が広がりやすく、小じわのできやすい環境になってしまいます。

その他にも、意外と知られていない原因に間違ったスキンケアがあります。毎日たっぷり化粧水をつけて保湿しているのに、いつまでも肌の乾燥感がとれないという悩みを聞きます。

それは適切な方法ではないどころか、乾燥を加速させるやりかたでケアしているからです。肌の悩みが取れない人のスキンケアの方法をよく見ていると、ほとんどの人がぐりぐりと保湿剤を刷り込む、ゴシゴシとクレンジングするなど力が強すぎます。

刺激を与え続けると肌は防御作用を高め固くごわごわとなり、乾燥しやすい環境に変えてしうでしょう。

生活習慣もまた、肌環境に大きな影響を及ぼす要因の1つです。

肌の環境を決めるのは、実は外側から与えられるものは3割ほど、つまり残り7割を占める内側からの影響のほうが圧倒的に強いのです。つまりいくら外側からの保湿を頑張って与えても、内側の細胞レベルでの環境が整っていなければいつまでも美肌にはなれません。

そこに関与するのが生活習慣です。

ストレス、過労、偏った食事、嗜好品の摂り過ぎ、不規則な生活リズムは言うまでもなく、肌に良くないですね。

小じわ対策のポイントはとにかく乾燥させないことでしょう。
そのためには保湿剤にこだわるだけでなく、スキンケアの方法にも気をつけましょう。

正しい方法は、力をこめず優しく撫でること、小じわのできやすい目元、口元はとくに慎重に、そして優しくたたきこむようにして、保湿成分を細胞に届けます。

生活習慣は乱れていないか、睡眠リズムは整っているか、食生活はバランスがよいか、日々の営みの積み重ねもまたそのまま肌の状態として現れます。

ハリハリミチルをより効果的に使うために小じわの原因となる生活習慣を改めるだけでも効果が違ってくるかもしれません。

ハリハリミチルをもっと詳しくしりたいならコチラ