目じりの小じわ、口元のたるみじわは年々気になってきますね。
この部分に年齢がはっきり出るだけでなく、見た目年齢などの印象にも深く関わってきます。
本格的な小じわ対策が必要になるのは、いったいどのくらいの年齢からなのでしょうか。

女性の肌質はいつごろから変化するのかは個人差がかなりありますが、一般的には30代を境目にしてからと言われています。
その原因については諸説ありますが、有力なのが女性ホルモンの変化です。
30代女性は仕事に打ち込んだり、プライベートライフでも活発に過ごしていたりと忙しい日々を送っています。
毎日が忙しくなると、つい生活リズムも乱れがちになってしまいます。
また時間的にも金銭的にも、スキンケアだけにさくほどの余裕がまだなく、どうしてもコスパ重視で化粧品を選んでしまいがちです。
しかしこの時期のケアを怠ると、後からさらに乾燥が進み、手間がかかるようになるので気を付けましょう。

さらに、40代を過ぎていくと更年期に近づいてきます。
ここでまた、大きなホルモンバランスの変化があり、肌質にも少なからず影響を与えます。
この時期を境に、女性ホルモンのエストロゲンが減少傾向になっていきます。
減っていくのはエストロゲンのみならず、肌の弾力に不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸などの生成力も衰えはじめます。
エストロゲンやコラーゲンには肌の保湿機能としての働きが多くあると言われているので、それが少なくなるとこまめに補っていく必要があります。
そのため20代、30代で使っていた基礎化粧品では乾燥を防ぎきれなくなります。

同じ年齢なのに若々しい印象の人と老け込んだ印象の人がいて驚く話はよく聞きますが、その違いをはっきりと分けるのが肌の状態です。
一般的なことですが、やはり普通肌よりも乾燥肌の人の方が、小じわのリスクは大きくなります。
つまり40代でも肌の水分が十分な人は、ボロボロ乾燥肌の20代の人よりもずっと若々しいイメージを持っています。
年齢だけでなく、むしろ自分の肌質がキーになります。
敏感肌、乾燥しやすい肌質の人は10代や20代のうちからケアしていても決して遅くはありません。

小じわ対策を何歳から始めたらいいのかは、単純に年齢だけでは言えず、持っている肌質によるものが大きいです。
いつから始めるべきという定義ははっきりありませんが、早めに取り掛かっておくに越したことはないといったところですね。